料金以外の宅配業者比較ポイント:水の購入単位

宅配業者について選択する際の比較ポイントとして、料金以外で次に紹介するのは「水の購入単位」についてです。水の宅配業者から水を購入する場合、その水の量は1リットルや2リットルというような少ない水の量ではないのが一般的です。宅配業者によってこの購入単位は別々に設定されているため、利用したいと思っている宅配業者がどの程度の単位で水の宅配を行っているのかについてチェックをしておく必要があるでしょう。

それでは、水の宅配単位というのは、大きく設定されている方が良いのでしょうか、それとも小さく設定されている方が良いのでしょうか。この点を比較する場合に重要になるのは、自分がどの程度水を使用するのか、ということです。単純に量や料金だけで比較をしても意味がありません。

比較の際に重要になるのは、自分の使用する水の量に極力近い単位で水の販売を行ってくれるのか、という点です。基本的に水の売却単位が大きければ大きい程、1リットル単位で見る水の料金は安く設定されている場合が多くなります。しかし、その水を使い切れないのでは、その分の料金が得になっているとはいえません。適切な量、適切な料金で配達されるかを比較することが重要です。